日本人は酵素の摂取量が少ないのかも

 

酵素ドリンクの摂取量は

 

最近、健康への効果がいろいろ研究されているのが酵素です。酵素は食べ物にも含まれていて、とくに発酵食品に多い。みそやぬか漬け、ヨーグルトなどですね。そして生の野菜や果物にもたくさん含まれています。ところが日本人は欧米人と比べて、酵素の摂取量が少ないのではないかと言われているんです。

 

1日に350gの野菜を食べよう

 

厚生労働省の健康づくり運動「健康日本21」では、1日350gの野菜を食べるのを目標にしています。ところが農林水産省によれば、現在どの年代においても目標量に達していません。350gというのは、野菜70g相当の1皿(ホウレンソウのおひたしを小鉢1個分)を、1日5皿以上食べると言うことです。毎日続けるにはきびしいと感じますが、これでもヨーロッパの基準に比べれば少ない方です。フランスの野菜摂取量の目標値は800g、スペインは490~560g、デンマークが420~480gです。どこも350g以上ですね。これだけの量の野菜を食べるには、料理法も考えないといけません。もっとも、全体的な食事摂取量もヨーロッパ人のほうが多いということがあるのかもしれません。

 

食物酵素は直接吸収されない?

 

野菜や果物をたくさん食べると、食物酵素がたくさんとれます。ここで誤解がないようにしたいのは、食物酵素をとってもそのまま体内に吸収されません。食物酵素は消化の途中で、胃酸などによって働きをなくしたり、分解されてしまいます。しかし食品に含まれるいろいろな栄養素にかかわって、さまざまな反応を引き出します。それによって栄養素が強化されたり、新しい栄養素に変わったりして、体内に吸収されます。その結果として新陳代謝をおこなう代謝酵素が活性化されて、健康維持に役立つのです。

 

酵素ドリンクや刺身で手軽に酵素を摂る

 

食物酵素を効率よくとるには、野菜や果物のフレッシュジュースも手軽でいいですね。ジューサーは低速回転の圧搾式にすると食物繊維がこわれ、栄養素は破壊されないのに吸収効率があがります。加熱をしなくても食べられる刺身なども食物酵素をとりやすい食品です。もちろん酵素ドリンクもおすすめ。とくに材料の野菜や果物を発酵させた原液をそのまま飲むタイプがいいでしょう。商品の裏にある原材料名に、野菜や果物、海藻類だけが記載されているものが、発酵液そのままのタイプです。