乳酸菌でアトピーが改善する

 

アトピーで苦しんでいる人は大勢います。最近ではく大人になっても症状が改善しないケースが増えていますね。アトピーは皮膚症状が目につきやすいのでスキンケアを中心にしてしまいますが、実は体内の酵素に働きかけることによって、症状が軽くなることもあるのです。一体どういう仕組みでしょう?

 

腸内環境とアトピー

 

アトピーを含むアレルギー症状がでるのは、体内の免疫バランスが崩れているからです。人体の免疫システムは2種類のヘルパーT細胞によってコントロールされています。ひとつはTh1で、主に感染に対して働くヘルパーT細胞、もうひとつはTh2というアレルギーに対して働くヘルパーT細胞です。この2種類が正常なバランスであるうちは、免疫機能も問題がありません。ところがたんぱく質の過剰摂取や加工食品の増加、環境の変化によって、Th1とTh2のバランスが崩れると、Th2が過剰に防御を始めます。これがアトピーやアレルギー症状を引き起こしているといわれます。対処法としては、保湿などのスキンケアと、腸内の免疫機能に働きかけることが有効です。腸管にある免疫システムは、過剰な免疫反応をコントロールしてくれます。そこで腸内の環境を良くして、善玉菌(有用菌)の量を増やすことで、アトピーやアレルギー症状が軽くする方法があるのです。

 

腸内の乳酸菌を増やす

 

腸内では消化や分解の作業が酵素によってされていますが、脂質や添加物は酵素を大量に使います。それで体内の酵素量が足りなくなり、自然治癒力や免疫力が低下するわけです。酵素ドリンクを継続的に飲むことによって、体内の酵素を増やす物質が腸内に入っていき、酵素の量が増えていきます。消化酵素に使える量も増え、結果的に腸内環境が改善されます。これで疫バランスも取りやすくなり、アトピーに良い影響があるという研究者もいます。最近、アトピーやアレルギーに効果があるのではと言われているのが乳酸菌です。乳酸菌は腸内にもあるバクテリアで、オリゴ糖などをエサにして増えていきます。ヨーグルトやみそ、塩こうじ、ぬか漬け、キムチなどの発酵食品に多く含まれていますね。酵素ドリンクのなかにはオリゴ糖を含むものもありますから、乳酸菌の増加に役立つでしょう。酵素ドリンクを飲んだからすぐにアトピー症状が改善するとは言えませんが、免疫のバランスを整え、腸内環境を良くすることで全身の状態が良くなることは十分考えられます。