酵素ドリンクを使って無理のないファスティングをしましょう

 

女性誌やネットで評判の酵素ドリンク。ダイエットに使う時は、方法がふたつあります。1食置き換え式とファスティングです。ファスティングとは日本語でいえば断食。修行僧などがやる断食は、水以外の食事を一切取らないと言うきびしいものですが、ダイエットでは無理のない範囲でおこないます。ところで、無理のない範囲って、どれくらいのことでしょうか?

 

栄養を与えつつ断食する

 

プチ断食とも呼ばれるファスティングは、ごく短期間(1〜2日)の断食です。ダイエット目的の場合は「酵素ドリンクや水分はどれだけとってもいいが、固形物はたべない」というレベルで十分です。ファスティング中は、必要最低限の栄養素を酵素ドリンクや豆乳や牛乳などで時間ごとにおぎないます。酵素ドリンクには各種ビタミンやミネラル類がきちんと含まれているものがあり、それだけでも1〜2日間過ごしても健康に悪影響はありません。ファスティングでは固形物を食べないので摂取カロリーが減り、消化をしなくていいので胃腸がいつもより休むことができるのがメリットです。消化器官をリフレッシュするという目的もあるんですね。しかし自己流で極端なファスティングをおこなうのは、かえって体への負担が大きく、リスクが高すぎるのでやめましょう。

 

準備期間が必要

 

健康に悪影響はないと言っても、昨日まで3食をたっぷり食べていた人が、突然1〜2日のファスティングをやるのはつらい。肉体的異常に、精神的なダメージが大きいのです。そこでファスティング慣れしている人は、ファスティングの1週間前から少しずつ食事量を減らしています。減らす時にも酵素ドリンクを使います。最初は1日1食(どの食事でもいい)を通常の食事から酵素ドリンクだけに置き換えます。ファスティングの2日前くらいから、2食をドリンクで置き換えます。こうすることで、すくない食事量に体を慣らし、スムーズにファスティングを始められるのです。

 

回復食がポイント

 

ファスティング後は、同じことを逆の順序で繰り返します。このファスティング後の食事(回復食)がとても大事。最初の食事は、重湯や具のないスープから始めましょう。それまで何も入っていなかった体に、負担のかからないものを少量ずつ食べていきます。お腹がすいているからといって、いきなり揚げ物やたっぷりした食事はNGですよ。スープがすんだらおかゆを食べ、加熱した野菜類を食べ始めます。そのあいだも酵素ドリンクによる置き換え食を1日2食→1日1食と続けていきます。ファスティング後にいつも通りの食事に戻すまでに、1週間くらいかけると、胃腸への負担が軽くなります。こう考えると、1回のファスティングで前後1週間ずつの合計2週間は、食事量のすくない期間が続きます。トータルで見れば、摂取カロリーはぐんと減りますね。