酵素には消化酵素と代謝酵素があります

 

最近よく聞く酵素。酵素は食べ物にも、人間の体内にもあります。こんなふうに聞くと、もっと混乱してきますが、そもそも酵素って何でしょう?そして酵素は、どういう仕組みで健康にかかわっているのでしょうか。

 

消化酵素は消化吸収をする

 

たんぱく質は人間や動物などの体を構成している物質です。酵素はたんぱく質が小さく分解されたもので、体内で消化や吸収、排泄活動時に触媒として働く潜在酵素と、食物に含まれる食物酵素があります。ここでは、潜在酵素の2種類「消化酵素」と「代謝酵素」を順番に見ていきましょう。消化酵素は、食べたものを体内で消化分解して、エネルギーとして吸収する役割があります。消化酵素そのものは体内で合成されるもので、代表的なものはアミラーゼ(炭水化物の消化・吸収)やプロテアーゼ(たんぱく質の消化・吸収)、リパーゼ(脂肪の消化・吸収)などがあります。 これらの消化酵素が働いて、食べ物は小さな分子になり、体内に吸収されていきます。

 

代謝酵素は栄養を届ける

 

代謝酵素は、吸収された栄養素を全身に運ぶ役割があります。人体には約60兆個の細胞があり、ひとつの細胞には、1000種類もの代謝酵素が含まれていると言われます。この代謝酵素が働いて呼吸や運動、脳の思考、老廃物の排出、免疫、皮膚の新陳代謝などがおこなわれます。人間が生きていくうえで必要なたくさんの場面で、代謝酵素が働いているのです。さらには遺伝子の合成や、血圧・血糖の調整、活性酸素除去なども代謝酵素の働きによります。代謝酵素が十分にあると、免疫力も自然治癒力も高くなり、病気になりにくくなるのです。

 

酵素ドリンクは体内酵素を増やす健康食品

 

酵素ドリンクには酵素が入っていて、これさえ飲めば健康になるかというと、ちょっと意味が違います。本来の酵素ドリンクというのは、酵素がそのまま入っているわけではなく、体内の酵素を増やすためのエキスや酵母菌を含む健康食品です。体内で合成されるたくさんの種類の酵素の、材料・エサになるものといえば、分かりやすいでしょうか。正式には補酵素飲料と呼ぶべきですが、最近は酵素飲料という名前が定着しました。酵素そのものではないので、メーカーが出荷前に70度で15秒殺菌してもあまり影響はありません。

 

酵素ドリンクは酵素を作る材料

 

酵素ドリンクの内容物には、70度の殺菌で死滅するものもありますが、そのままの状態で体内に取り込むと酵素のいいエサになるものがたくさん含まれます。酵素ドリンクと熱の関係は、ドリンクの内容物を知っていれば、それほど心配することではありませんね。