酵素の概要:酵素って何ですか?

 

酵素の概要:酵素って何ですか?

 

酵素ダイエットや酵素ドリンクという言葉を最近よく聞きますね。酵素なんて、洗濯洗剤にしか使わないと思っていたら、ダイエットにも効果があるの?こうなると、そもそも酵素とはなにか、という疑問がわきますね。人間の体内にもあるという酵素、一体どんなものなの?

 

酵素はたんぱく質

 

酵素とは、生物の細胞内で作られ、体内の化学変化に対して触媒作用があるたんぱく質のことです。体内の消化酵素は、たんぱく質が分解されて小さな分子になったもの。これがアミラーゼやリパーゼという消化酵素になります。酵素はほんのわずかな量でも作用し、人間の消化、吸収、代謝、排泄のプロセスに深く関係がります。酵素のことは英語で「enzyme(エンザイム)」といい、「酵母の中」という意味のギリシア語が元になっています。酵素は体内だけでなく、日常生活のあちこちにあります。代表的なのが食物酵素で、果物や野菜のほか、みそや納豆に含まれています。現在、約4000の酵素があると分かっており、すべての生体反応の元になると言ってもいい、重要なものです。

 

若くても酵素不足になる

 

人間の体内には、もともと酵素が存在します。どれだけの量があるかは個人差が大きく、また加齢とともに減っていきます。年齢があがると脂っこい食事が胃にもたれるのは、体内の酵素量がへって、消化能力が落ちているからです。消化機能の低下は、加齢以外にも酵素が過剰に消費されてしまう生活スタイルが原因になります。かたよった食生活やお酒の飲みすぎ、睡眠不足、喫煙などによって酵素が使われてしまい、消化酵素に回る量が減るからです。こういった酵素不足は若くても起こり、病気でもないのにつかれやすい・ダイエットをしても体重が減らないことになるのです。

 

酵素不足は病気になりやすい

 

体内で一生のうちに合成される消化酵素と代謝酵素の量は、一定であると言われています。研究者によっては「酵素は触媒として働くので消耗されない」という意見もあり、まだまだ研究途中の分野でもあります。ただし代謝酵素を消耗した体は、免疫機能が衰えるため、糖尿病や動脈硬化などになりやすいことは確かなので、注意が必要です。