酵素が足りないと体調不良になり肌が荒れる?

 

人間が生きていくには、酵素は欠かせない物質です。酵素はもともと体内にあり、食べたものの消化やお肌などの新陳代謝のために働いています。どんなに栄養たっぷりの食事をとっても、消化酵素がきちんと働かなければ、栄養がエネルギーに効率よく変わりません。酵素は本来、食事からとれるものです。なぜ酵素ドリンクを追加して、体内の酵素量を増やす必要があるんでしょうか?

 

健康的な和食が食べれないなら酵素ドリンクが良い

 

酵素は果物や野菜、みそ、納豆など身近な食品に含まれています。酵素が足りなくなるとやる気がなくなり、消化がわるくなりお肌があれる、などの体調不良がみられます。酵素不足改善のためには、和食が一番です。納豆やみそ汁、ぬか漬けなどの和食メニューは発酵食品。こうしたものをたくさん食べていれば酵素も足りているのですが、最近の食生活ではなかなかむずかしい。酵素をたくさんとるには、火を加えない食品=生野菜やフレッシュルフルーツがいいと言われます。酵素は加熱すると壊れてしまう部分があるので、生の食品が大事です。しかし、忙しい毎日でたっぷりの生野菜を食べることは簡単ではありません。ちなみに、コンビニのお弁当やファストフードなど、加工された食品には酵素はほとんど含まれていません。そのため、原材料に野菜や海藻類、豆類などが使われている酵素ドリンクで、不足しがちな体内の酵素へ栄養を送る必要があるのです。

 

多種類の食材を発酵させた植物発酵エキス

 

和食が難しいなら、生野菜やフレッシュフルーツを大量に食べればいいのでしょうか。理論的にはその通りです。果物には消化酵素が入っていることが多いので、肉料理にたんぱく質分解酵素が入っているパイナップルやパパイアを添えると消化にいいんです。しかし毎日一定量のフレッシュフルーツを食べられるかと言われると、これも大変です。もし食べられたとしても、生野菜の栄養素は食物繊維と一緒にあるのでしっかり噛みながら大量に食べる必要があります。その点、多くの酵素ドリンクの材料には、植物発酵エキスが入っています。これは数十種類の野菜や果物、海藻類を発酵させて作ったエキスです。ふだんの食生活ではとりにくい食材もあり、熟成・発酵することで体が吸収しやすいように変化しています。酵素ドリンクの中には、多種類の材料を発酵させた原液をそのまま販売しているメーカーもあり、こちらも栄養価の高い健康食品です。

 

ご年配の方から子供まで幅広い年代におすすめ

 

酵素ドリンクときくと、ダイエットや美容にいいと思うのですが、とてもすぐれた健康食品です。外食が多くて野菜が不足しがちなひとや、食が細くなっている高齢者、野菜嫌いの子供にもおすすめです。家庭に1本あれば、おじいちゃんからお孫さんまで、いろいろな年代の健康維持に役だちます。最近はとくにいろいろな種類の酵素ドリンクは開発されているので、飲み比べて我が家の1本をみつけてみてはいかがでしょうか?