酵素ドリンクを毎日おいしく飲む

 

美容と健康に効果があると評判の酵素ドリンク。健康食品ですから、できれば毎日飲み続けたいですね。といっても、毎日おなじように水で割って飲んでいると飽きてしまいます。そこで酵素ドリンクの使い方をいろいろご紹介しますので参考にしてください。意外と使い道がたくさんあるので、飽きっぽい人でもちゃんと続きますよ。

 

置き換え食なら、満腹感重視で飲む

 

いま市販されている酵素ドリンクには、飲み方が2種類あります。原液をミネラルウォーターなどで割って飲むタイプと、原液そのままを飲むタイプです。原液で飲めるものは味や匂いにこだわって、そのままでもおいしく飲めるように作ってあります。おいしいのですが、酵素ダイエットに使う場合は、原液だけでは満腹になりにくい。やはりミネラルウォーターや炭酸水で割って飲むほうが、お腹がいっぱいになるのです。炭酸水で割ると炭酸ガス効果で満腹感が得られやすいので、愛用者が多いですね。もうちょっと何かつけ足したいなら、スライスしたフレッシュレモンやオレンジを加えてみましょう。フレッシュフルーツのカロリーはありますが、さわやかですしビタミンもとれます。置き換え食ダイエットの場合は、多少カロリーが高いもので割っても大丈夫。豆乳や100%フルーツジュース、トマトジュースなどを使うと、腹もちがいいですよ。

 

低カロリーのシロップとして使える

 

酵素ドリンクには、材料の発酵のため糖分が入れてあります。甘みがあるので、低カロリーのシロップとして使うこともできます。ダイエット目的なら低脂肪の無糖ヨーグルトにかけてもおいしいですし、アイスティーやアイスコーヒーのガムシロップ代わりにしてもいいでしょう。ヨーグルト+酵素ドリンクの組み合わせなら、液体だけを食事代わりにするよりもうんと満足感があり、作る時間もかかりません。忙しい朝に、朝食を抜くよりサッとヨーグルトを食べると満足感があります。

 

手作りおやつに入れて子供にも飲ませたい

 

酵素ドリンクは健康にもいいので、なるべく家族全員にとってもらいたいですね。酵素ドリンクを上手に使っているブロガーさんによれば、お料理やお菓子にも使えるそうです。クセのないタイプの酵素ドリンクなら、お酢と合わせて海藻サラダのドレッシングにしたり、ゼリーにプラスして子供のおやつを作ったりできます。酵素ドリンクよっては、加熱したり冷凍したりするのがNGなので、心配ならメーカーに確認しましょう。